« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

「羊飼いの歌・3」

谷に戻るとすぐに羽根の生えた夢の実を
ひつじに食べさせてやった。
織人は、雪の中で亡くなった夢人の墓に手を合わせ
一緒に羊を見てくれた。
ひつじは 喜んで実を食べ、ほっとした顔で
息を引き取った。

「この夢の世界の中に死があるとは思わなかった。」

私は織人に言った。

「うん、彼は、あなたと何処までも共に歩みたい、
いつまでも寄り添いたいと強く願ったんだ。
だから実世界でのあなたとも、一緒になりたいと
願うようになり、捜し求め この世界での肉体から
離れてしまった。
実世界で、互いに夢の中で会っていたことを
自覚してめぐり合うことは無いだろう。
たとえ会ったとしても気付かず すれ違っているんだ。
だから、彼は永い時間を彷徨うことになるだろうね。」

織人は 彼の行方を知っているのだろうか。
寄り添うことを強く望んで 離れて行ってしまうとは
どういうことなんだろう。 私には聞いたことが飲み込めないまま
織人の話は続いていた。

「でもね、このひつじは、空のひつじになる時が来て
夢の実を食べたんだよ。
今頃 雲の上で元気に跳ねているのさ。
空のひつじを数える夢人が現れて
呼ばれれば走って降りてくるよ。」

| | コメント (4) | トラックバック (2)

「羊飼いの歌・2」

「羊飼いの歌」の続きです

ひつじたちは代わる代わるどこかで数えられては
走って行き、さっぱりと毛を刈られて帰って来て
また谷間でのんびり遊んで疲れを癒していた。

私はまだ 何が出来るのか分からないまま
そんなひつじの群れに 慰められながら暮らしていた。

けれど、夢の実を採りに行ってから幾日か後
一頭のひつじが倒れてしまったのだ。
苦しげに みるみるうちに弱っていくひつじに
私は何か欲しい物は無いかと尋ねると
最期にもう一度夢の実が食べたいと言うのだった。

私が急いで山を下り、あの樹の所まで来て見ると、
残っていた実は完熟して翼を生やし、
今、飛び立とうとしているのだった。

そのひとつを何とか捕まえて持ち帰ろうとしていると
夢織りの織人が通りかかった。

「お久しぶりですね。あなたは独りで
羊飼いになったと、聞いてはいたけど。」

私が、死んでしまいそうなひつじが食べたがっている
夢の実を 持って、急いで帰るところだと話すと
織人は 一緒に谷に行こうと言ってくれた。
すぐに いつも織人が織物や糸を運ぶために使っている荷車を
可愛いろばに轢かせて来てくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.06.26

五月の句会はというと・・

不調でした。

   紫陽花や 蒼き群れ成し 空を模す

   水遊び キラキラ光る 児のうぶ毛

「キラキラ」 片仮名でないほうがいい、
「キラキラ」と言えば光っていることが
わかるので・・・「光る」は要らない。

    水遊び きらりきらりと 児のうぶ毛

   

   風を呑みつつ踊る 鯉のぼり

踊るというのはどうも・・・そうは見えない、
って、言われても・・・・・踊るような躍動感がありますが・・

   吹く風を呑みつつ泳ぐ 鯉のぼり 

    水面へと口づけしたる 目高かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.14

四月の句会

   ゆったりと 萌える柳を揺らす時間

「時」は「時間」と書いてはいけないって。
で、判らない・・・・・・って。(爆)

   例えばこんな感じに、と。

  空を飛ぶ 塵やひかりや 柳萌ゆ

むぅぅ・・・・・・


   吹き上げる春の飛沫 ゆきやなぎ

「季、、重なってますよ。」 「はい(しゅん。。)」
「吹き上げる?んですか? まぁ、確かに・・・・・」
「大地の飛沫では?」「大袈裟すぎるねぇ!!言い過ぎ。」
ベテランの会員さんたちとの会話でした。

これも・・・・・・

   雪柳 花ふれ合えば 風となり

うにゅぅ・・・・・・・・ そうでしょうか?????


   空を突く 蕾は象牙 白木蓮

   バンダナで 手さげこさえて 土筆摘む

の二つは入選(先生がお選びになった句に入った)でしたが、

「手さげこさえて」だと口語調のなるので

   バンダナで 手さげをこさえ 土筆摘む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.06

結婚川柳なぞ

ニフのパブリック掲示板で
六月の結婚シーズンと言うことにちなんで
「結婚川柳」の掲示板が出現♪

いくつか遊んでみました。
この掲示板は期間限定なので
自分の書き込みを転記しつつ
記事に。

______________

「お父さんへ」

   『父の日に 結婚式を 挙げてスマン。』


だって十六年前の六月、
大安の日曜日、そこだったんだもの・・・

_______________

「結婚祝いって同じものが重なりますね・・」

  『掛け時計 三つ戴き 二間住まい』


慎ましく 新居を構えたが
慎ましすぎ・・・ぼろぼろのアパートは
二部屋しかない、小さなスナックやら不動産やらが
一階にある木造の二階建て。。。。

以前 ○ウムの何とかという 隠れていて
最後に見つかった人が近所にいたらしく。。。。。
公安の人が家にも聞き取りに来たが・・・・・・

隠れてたアパートのほうが 
家よりずっと良い部屋だったんだよねぇ。

いや、わたしゃぁ隠れてないってば、
社交辞令でも お近くに立ち寄られた際には
とは言いませんが、
掛け時計は多すぎて掛け場が無いと、
お祝いしてくれた方々には言えずジマイ。

________________

「貧乏なだけなんですが・・・・・」

  『我が暮らし 「ロハス」と誇る 夫かな』


幸せな人ですよ♪

________________

さて~みなさんも如何でしょうか・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.03

思考をそのまま記事にしてみた

【ポケットにトカゲを入れてる男の子】

【ポケットに蜥蜴を入れてるお姉さん】


なんで、持つ人物像が変わるだけで
こんなに「とかげ」の イメージが違うんだろう。

妖しさも 残酷さも 無邪気な乱雑さで含め持つのが
かつては健全な子どもの持つ力だったのかも知れない。

持っていた神や精霊や人間以外の心は
大人になるうち失われていく
しかし時に、純粋になまま残り大人になっていける人も
中にはいるんだと思う。。

その中でも、子どもの持てるままで大人になる人と
それまでが醜く育っていった人とがいるようだ。

そして、「そのどちらかのフリ」を
しているに過ぎない人だって、いる。

私は、
貴方は、
どれだろうか。

・・・・・いや、何が言いたかったんだろうか。(汗)

こんなこと考えてるから 夕飯が出来上がらないんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »